歯列矯正ってどれくらいの期間が必要?

歯列矯正を検討する場合まず気になるのは、どのくらいの期間が必要かということではないでしょうか。
出来ることなら、できるだけ早く理想の歯並びを手に入れたいでしょう。
しかし矯正治療は一般の歯科で行う治療とは異なり長い治療期間がかかります。
そのため、歯列矯正を行う時は期間が長期的になることを考えた方がいいでしょう。

歯列矯正はまず治療前に準備期間がかかります。
主にカウンセリングから始まり精密検査や今現在の歯の状態を診断するといった流れになります。
精密検査では、歯や骨格のレントゲン噛み合わせを調べ、診断では検査結果をもとに治療プランなどを立案し、どのような治療が行われるかや大体の費用が説明されます。

治療にかかる期間はブラケット(歯にワイヤーを装着するための固定器具)やマウスピースを装着してから外すまでの期間となりますが、ブラケットを使用した矯正の場合は装置の取り付けに1時間から2時間程度かかります。
その後は、1ヶ月から2ヶ月に一度通院し、矯正具合を見ながらワイヤーの調整をしていくのが通常です。
歯列矯正する歯の本数によって期間は変わってきます。
マウスピースを使った歯列矯正はメーカーや歯の状態にもよりますが、1日10時間から20時間程度、毎日装着し2週間から6週間に一度通院し、新しいマウスピースに交換します。
目安になりますが、表側のブラケット矯正で1年から3年で裏側のブラケット矯正だと1年から4年位です。
歯の裏側にブラケットをつける場合は目立たないというのがメリットですが、表側にブラケットをつける場合に比べて期間が少し長くなるのがデメリットです。
マウスピースを使った歯列矯正の場合は1年から3年くらいで完了します。
また、1本から数本のブラケット矯正の場合は半年から一年くらいの比較的短期間で終わります。

マウスピースを使った歯列矯正の中にインビザラインとクリアアライナーがあります。
どちらも透明なマウスピースで、外見上目立ちにくいのもあり人前に出る職業の方には支持されています。
また、取り外し可能な装置を使用するため、食事がしやすかったり、歯磨きが容易です。
インビザラインもクリアアライナーも柔らかい素材のプラスティックなので金属アレルギーの方も安心です。
歯列矯正はどれだけの期間や費用がかかるかというのは、進捗によってや医院の技術力によって変わってくるため正確には出せませんので、その都度相談しながら行っていくのが良いでしょう。