え、私の息くさい!?口臭を消す方法!

歯をきちんと磨いているのに息がくさい、と感じたことはないでしょうか。
口臭にもいろいろなタイプがあり、原因もそれぞれ異なります。
原因を知ることで口臭予防や対策が取ることができます。

まず口臭の原因の一つは、原因となる食べ物などを摂取することです。
よく知られているのが、ニンニクです。
その他にもニラや玉ねぎ、キムチやアルコール、納豆といったものが挙げられます。
その他にも薬品系の食べ物として、栄養ドリンクや漢方薬などもあります。
それらは食べたときの一時的な臭いなので、臭いのキツイ食べ物を控えると予防できますし、牛乳を飲んだりブレスケア商品などでも消すことができます。
またタバコも口臭の原因となります。
タバコのヤニが歯や舌、歯茎などの口の中に付着するからです。
口の中に付着したヤニが強烈な口臭となるわけです。
この場合は歯磨きをしたり、舌をクリーニングすることで、臭いをある程度抑えることができます。

食べ物以外では生理的口臭として、起床時や空腹時、緊張時などが挙げられます。
唾液の分泌が抑制されていたり口の中が乾いている状態になると、口内細菌が繁殖して臭いが増加するのです。
水を飲んだり、ガムや飴を食べる、リラックスして唾液量を増やすことで臭いを軽減できます。

食べ物や生理的なことが原因である場合は一時的な口臭なのですが、その他にも病的な口臭があります。
虫歯やドライマウス、内臓系、呼吸器系などの疾患がこれにあたります。
虫歯になると、虫歯菌が出す酸で歯を溶かす臭いと歯に付着した歯垢にいる菌が食べかすを分解して臭いを放ちます。
虫歯が進行すると歯の神経が死んでしまうことがあります。
そうすると腐敗臭がしてくることがあります。
ドライマウスは唾液の分泌量が減ってしまい、常に口の中が乾いている状態です。
内臓や呼吸器系の疾患がある場合も、胃が悪いと生ごみのような臭い、腎臓が悪いとアンモニア臭がすることがあります。

一時的でない口臭の場合、その病気を治療することで臭いを消すことができます。
特に虫歯からの臭いは意外だと感じる人も多いですが、口臭の原因としては多い事例です。
虫歯を治療することはもちろんのこと、定期的に歯科医で検診を行い、定着した汚れをクリーニングして口内衛生を保つことが大切です。
通常の歯のクリーニングは、保険が適用されます。
口臭予防として、また歯の健康を守るためにも歯の定期検診を受けることがおすすめです。